特別プログラム

とこちゃんでは、特別プログラムとして『リトミック教室(月2回)』、『クッキング(2歳児)』、『英語あそび』、『体操』、『ダンス』、『おたのしみ劇場(絵本の読み聞かせ・紙芝居・人形劇など不定期)』などを行っています。
外部の講師の方々との触れ合いは子どもたちにとって新鮮な刺激となり、それぞれのプログラムで五感を磨き、ドキドキ&わくわくの体験をしています。
日々の生活の中で「わくわくすること」が多いとこちゃんっ子は、いつも瞳が輝いています。意欲に満ちあふれています。

とこちゃんの特別プログラムは、まさに「わくわく」の宝庫。
ドキドキわくわくする体験を大切にし、豊かな感性と無限の可能性をはぐくみます。
特別プログラムの様子はこちらでご報告しています。

【特別プログラム講師プロフィール】


リトミック 大野佳代先生

ritomic
山口県出身。
国立音楽大学教育音楽科 リトミック専攻を首席で卒業、同時に岡本賞受賞。
卒業後は音楽教室や幼稚園でリトミックを指導すると共に、リトミック音楽研究所にて学ぶ。
リトミックを江崎正剛氏、ピアノを渋谷淑子氏に師事。

 

 

 


英語あそび Ashley Rehberg先生 

english_allHi, I’m Ashley. My family and I reside on NAF Atsugi Base. We have lived here from 2008-2012 and we came back in 2016. I have 4 children, my oldest and youngest were both born in Japan. My children attend Japanese school. I have been teaching English for 5 years. I love to cook and enjoy exploring. It has been my dream to live in Japan and to come back, if I could stay here forever I would. I love Japan, the culture, people, and food. I also love children and enjoy interacting with my Japanese students as we teach each other new things.

【アシュリー先生ご紹介】
アシュリー先生は厚木ベースに住むアメリカ人の先生です。2008年から2012年の約4年間日本に滞在後、一時帰国。2016年に再び日本にいらっしゃいました。お子さんは4人で、日本の学校に通われています。一番上のお子さんと一番下のお子さんは日本で生まれたそうですよ。
日本で英語を教えるようになって5年(2020年現在)。料理が好きで、探求することが楽しい!とのこと。日本に住むことが夢だったそうで、出来ることならこれからもずっと住み続けたい!日本の文化、人、食、などを含め、日本が大好き!と言うアシュリー先生は、もちろん、子どもも大好き。お互いに教えあい、学びあえることを楽しみましょう、とのことでした!


ダンスインストラクター MORITO先生

dance_morito芸能系の振り付けや、インストラクター業と、役者やMCも兼任しています!
高校の部活動は全国大会にも出場!
幼児からオトナまでレッスンする傍ら、ヘルパーとしての資格も有り、全年代と関わっています!
楽しんで伸び伸びとダンスに触れてもらえるようなレッスンを心がけています!

【2020現在指導レッスン】
大和スタジオCAT/本厚木スタジオLA/湘南台スタジオS/中野島スタジオCUBE/WK藤が丘/WK二俣川/三ツ境カルチャーセンター/横浜鴨居ららぽーとヨークカルチャー/青葉台ケアプラザ/小田原塚原ヤマハ音楽教室/瀬谷西高校ダンス部NKD

【出演経歴】
映画[ヲタクに恋は難しい]ヲタクダンサーズ出演/ジャニーズWEST[ビッグショット]PV出演/過去出演ドラマ[池袋ウエストゲートパーク]G-boys役準レギュラー
芸能系の振り付けや、インストラクター業と、役者やMCも兼任しています!高校の部活動は全国大会にも出場!


おたのしみ劇場 廣瀬純子さん

j
神奈川県立外語短期大学付属高校卒業後、劇団樹間舎演劇研究所オーディションに合格し入所、高津住男、真矢順子に師事、演技術、演出術を学ぶ。
その後、八景島にてエンターテイナーとして活動しながら、演出家塚田茂と出逢い、ショー演出術を学び、企画から演出、美術、演技指導までに携わる。
退社後、地元劇団の演出、ソロで行う公演『読み芝居』などを経て、参加型人形劇団『おはなしブランコ』を旗揚げ。昨年、劇団結成5周年スペシャルイヤーを終え、現在、劇団の演出家兼パフォーマーとして『観客と共に創る、たった一度きりのステージ』を作り続けている。茅ヶ崎紙芝居研究会創立メンバーでもある。