特別カリキュラム

とこちゃんでは、特別カリキュラムとして『リトミック教室(月2回)』、『クッキング(2歳児)』、『おたのしみ劇場(絵本の読み聞かせ・紙芝居・人形劇など不定期)』などを行っています。
外部の講師の方々との触れ合いは子供たちにとって新鮮な刺激となり、それぞれのカリキュラムで五感を磨き、ドキドキ&わくわくの体験をしています。
日々の生活の中で「わくわくすること」が多いとこちゃんっ子は、いつも瞳が輝いています。意欲に満ちあふれています。

とこちゃんの特別カリキュラムは、まさに「わくわく」の宝庫。
ドキドキわくわくする体験を大切にし、豊かな感性と無限の可能性をはぐくみます。
特別カリキュラムの様子はこちらでご報告しています。

【特別カリキュラム講師プロフィール】


リトミック担当 大野佳代先生
ritomic山口県出身。
国立音楽大学教育音楽科 リトミック専攻を首席で卒業、同時に岡本賞受賞。
卒業後は音楽教室や幼稚園でリトミックを指導すると共に、リトミック音楽研究所にて学ぶ。
リトミックを江崎正剛氏、ピアノを渋谷淑子氏に師事。





おたのしみ劇場担当 廣瀬純子さん
j神奈川県立外語短期大学付属高校卒業後、劇団樹間舎演劇研究所オーディションに合格し入所、高津住男、真矢順子に師事、演技術、演出術を学ぶ。
その後、八景島にてエンターテイナーとして活動しながら、演出家塚田茂と出逢い、ショー演出術を学び、企画から演出、美術、演技指導までに携わる。
退社後、地元劇団の演出、ソロで行う公演『読み芝居』などを経て、参加型人形劇団『おはなしブランコ』を旗揚げ。昨年、劇団結成5周年スペシャルイヤーを終え、現在、劇団の演出家兼パフォーマーとして『観客と共に創る、たった一度きりのステージ』を作り続けている。茅ヶ崎紙芝居研究会創立メンバーでもある。